<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2006年 06月 27日
はぢめてのライブレポ
f0083332_10173089.jpgライブの翌日にリポートをブログに書く人は多いと思うんだけど、そういえばまだ一度も書いたことないなあ。書いてみよか。
というわけで、先週の金曜はマニャンのライブ@新宿2丁目だった。
マニャン先生の同窓の方から企画に誘っていただいたのだけども、ふたを開けてみるとフォークロックをはじめ、どうもマニャンの音楽とはタイプが違いすぎる方々ばかりが出演するイベントであった。
なんというか、持ち寄りの午後の紅茶会に納豆を持参しちゃったような。みんなクッキーとか持ってきてるのに、甘納豆ですらなくマジ納豆。しかも会場にはたぶん納豆を食べたことない人も割といる様子…。
という感じで、たぶんごく一部の人を除いて納豆のおいしさを発見してくれた人はいなかったかもしれない。店長さんも含め(笑)。帰り際に「がんばってください」って言われたけど、口ひげをたくわえてキャップを被ったおじさまに言われたセリフとして、どう受け止めれば良いのか…?
しかししかし、演奏の内容としてはなかなか楽しいものになったと思う。この日は普段よりもさらに完全即興率が高くて8割がた完全即興でやったのだけど、思いのほか悪くないできだった。普段は「完全に」即興なのは4割くらいで、後はなんとなく構成を決めた半即興。それはそれでお客さんに不親切にならなくて良いと思うし、完全即興がうまくいったのもその下積みが効いているのかもしれない。
今までやっていない雰囲気の曲も生まれた気がする。

ライブ後半の録音の一部をアップっぷ。
http://www.miura1.net/blog/blog060626.MP3

さてさて、今度の金曜はいつもの都立大学『悠久庵』にてまたマニャンのライブをやるです。今回一緒にやるのは、最近知り合った口琴奏者の幕内さん。幕内さんのプレイする口琴は、いい音出します。出させます(ってなんのCMだったけなあ。「音」は関係なかったかもしれないけど)。
しかも、希望者がいればライブ後にプロジェクターでワールドカップの上映も可能みたいなので、座敷でサッカー見ながらオリオンビール的なこともできますなあ~。
きてちょ。
[PR]

by miura1go | 2006-06-27 10:20 | Trackback | Comments(3)
2006年 06月 23日
ライブinカオスにいらっさいませ(今日ライブです)
f0083332_8504254.jpg最近フルート吹きの井上さん(マイミクでは雪解けという名前。なんでだろ)に誘われてラテンジャズトリオというののリハをしている。といってもこないだが2回目。でも次はもうライブかななんて話をしている。
トリオと言ってもフルート・ベース・パーカッションという編成でコード楽器がいない。でも、ウッドベースでジャズっていうともう必勝パターンちゅう感じでそれだけで成り立ってしまう。すばらしいです鉄井さん(マイミクではkoztetさん)。
リハーサルの録音を改めて聞いてみると、ああ、昔こういうタイプのジャズ好きだったなあ~という雰囲気になってきていて、ライブが結構楽しみ。
機動性を考えて基本は3人だけど、大きな舞台でやる機会があればゲストを呼ぶこともありそう。あの人とか、あの人とか誘っちゃおう~うふふ。

ちゅうわけで、リハーサルの録音から一部をアップ
この編成ならマイクなしでいけそうだね、とリハーサルは完全に生音でやっているので、すこし化粧をしてみた。でも音環境を整えてないパソコンで適当に低域を増幅してリバーブをかけたので、ひょっとしたらやたら低音がやたらこもっちゃってるかも。
http://www.miura1.net/blog/blog060623.mp3
今MP3プレイヤーに転送して聞いてみたら、ああ、やっぱりかなりの厚化粧になってしまった(笑)。

さて、ここまで書いておいてなんだけど、実は今夜ラテンジャズとは何の関係もないマニャンのライブが新宿である。
ラテンジャズも好きだけど、僕の軸足はやっぱりこっちにある。エスニック、アンビエント、音響、エレクトロニカ、即興、民族楽器なんてキーワードにピンと来る人はぜひ遊びに来て欲しいです。今日は、場所がライブハウスで歌ものの人なども出演するので多少カオスな組み合わせかもしれないけど、僕らも負けないくらいカオスな世界を表現するつもりです。…と意味のわからないまとめですが今日はこの辺で。
[PR]

by miura1go | 2006-06-23 09:53 | Trackback | Comments(0)
2006年 06月 17日
マスター、味を占める。(今日ライブです)
f0083332_1455735.jpg今日は明大前のバルバルでピラルクーのライブがある。
今回も前回と同様、お店のマスターとのセッションタイムを1~2曲設けるということになっていて、一応リハーサルをしたいというマスターの希望で水曜の夜にお店をご訪問。
岡やんとヒカリ先生は忙しくて都合がつかず、僕とマスターのマンツーマンだった。

マスターは前回セッションが盛り上がったのに味を占めたらしく、前回にも増してノリ気。でも岡やんがいなくて、ギターのバッキングをしてもらえないのが残念そう。だって思う存分ソロが弾けないから。
ほんとに残念そうで、「ミウラさんはギター弾かないんですか?」なんてことも聞かれる始末。ええ。弾けませんとも。

今回はフラメンコテイストのものとブラジルものと1曲ずつやろうという話で、後でピラルクーのほかの2人が確認できるように録音しながら構成を組み立てて行く。
ほんとは2人で相談しながら組み立てたいけど、マスターがノリすぎて挙動不審のため、僕がどんどん提案して組み立てるしかない。

なんとか話が進んで大体イメージが固まって、これで行きましょうかと言う話なったんだけど、どちらの曲もイントロはマスターのたっぷりのソロ(笑)。
「いやあ、すいませんねえ。なんだか僕ばっかり目立つような感じで…。まあ僕の店だし…なんて、へへ。」
マスター上機嫌。
そういえば、マスター自らが作ってくれた今回のライブのフライヤーは、自分も参加しているセッションの時の写真を使っていた。しかもマスターのところに矢印が立っていて、「前回はマスターも参加しました!」とコメントが…。今回そのチラシをアップしようと思ったんだけどなぜか見当たらないので、ヒカリ先生がちゃんと作ったチラシを掲載。
マスター、はじけてます。ぜひ見に来てください(チラシも)。
でもメインはピラルクーですよ。ええ、もちろん。

最後に、マスターとのリハーサルの音をアップしておきます。
リハ@バルバルwithマスター
[PR]

by miura1go | 2006-06-17 14:07 | Trackback | Comments(0)