<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2006年 07月 31日
夏、海、海洋生物
f0083332_15261848.jpgうーん今日と明日は眼帯生活なので、きのう書きかけた文に少し手を加えてアップ汁…。

土曜は葉山一式海岸でピラルクーのライブだった。
天気予報は午後から雨だったけど、朝から昼まで快晴、午後遅くに少し降られ、その後はまた晴れといった感じで割とラッキー。でも近隣に住んでいる方々の迷惑にならないよう音量を抑える必要があるので、少し離れると波の音に負けてしまうような状態だったかも。前日から宿泊していたので、午前中~昼過ぎまで泳いだりして遊ぶ。夏は透明度が非常に低いんだけど、久しぶりに海で泳げて気持ちよかったぁ。
でも海をナメたらいかんぜよ。一緒に遊びに来ていた岡やんの大学の同窓Kさん、海水浴エリアを示すブイにつかまっていたら、いつの間にか謎の海洋生物が海パンの表面にわらわらと。5ミリくらいの繊維状の体で両端が手のようになっていて、片方の手(?)でしがみつきながら立ち上がり、ゆらゆら揺れて何かをつかもうとしていた。非常に気持ち悪い。触ったらたぶん痒くなりそう。

海の写真は撮らなかったので、当日朝の旅館でのリハ風景をばアップ。2人の間にあるのは、やかん型アンプ。

ピラルクのライブ@うみごやMANA後、ハワイから来たポップスデュオのPV撮影ライブがあるとのことでなぜかセッティングを手伝ってあげることに。なんとわかる人がいないのだとか。そりゃないぜセニョール。で、ここにアレ持ってきてーとか言いながら作業していると、日本盤アルバムのリリースおよび日本でのプロモーションを担当している女性が英語で話し掛けてきた。
ユーはさっきパーカッションをプレイしていた人か、一緒にやらないか、と。
後で話してみたら、この女性日本人だった。僕が非日本人だと思ったわけね。そりゃないぜセニョリータ。
ということで、急遽一緒に演奏する。楽器はほとんど片していたのでパンデイロだけ。割とわかりやすいポップスだったので、まずまず程良くサポートできた感じで、スタッフにも喜んでもらえた模様。
ライブが終わってやれやれやっとご飯だと思って戻ると、ビュッフェの皿はほとんど空になっていて、あーん僕のご飯が無いよう、とうみごやMANAの村ポンに泣きついてみたりした。

うーん、なんだか文章がまとまらないなあ(いつもにも増して)。片目だと思考能力も鈍るのかな…。
話は変わって、10月に東欧~バルカン音楽の探求者であるバルカノータの皆様のお誘いで、「ナカトルマ」というグループのライブに参加することになった。ちなみにバルカノータのリーダー、石田さんは斜めに吹く笛カヴァルの名手。「ナカトルマ」のリーダーは関西の方でなかなか気軽にリハというわけには行かないので、先日バルカノータの皆様とリハをしたんだけど、さすがにい~感じで楽しかった。

ちょろっとリハの様子をアップ。
http://www.miura1.net/blog/blog060728.MP3
初リハで様子を伺いながらだから、おそるおそる感があるかもなあ(僕だけ)。

場所など具体的に決まったらお知らせするので、皆様遊びに来てくださいまへ。
[PR]

by miura1go | 2006-07-31 15:28 | Trackback(2) | Comments(5)
2006年 07月 16日
くちびると香水の間
f0083332_11451812.jpgタイトルは意味ナシほういちです。ふと机の上にあるメモを見たら書いてあったので、おおなんか歌詞みたいじゃん、と思いましてからに…。
何のメモかというと、今ピラルクーのCDをマスタリングしていて「くちびる」という曲と「香水」という曲の間隔をもっと開けるように、ということを忘れないように書いたもの。去年からそれはもう野比のび太になっていたピラルクーのCDがようやく完成しそうなんですわ~。なんとか29日の一色海岸うみごやでのライブには間に合わせたい!

そして、シネロマの録音ももうすぐ、多分今日終わるはず。まあその後ミックスやらその他れろれろあるけど、「03」の完成までもう一踏ん張り。今回マイクとマイクプリが新しくなって(前のを紛失したから)、音が良くなったです。特にウッドベースの音がかなり違うと思う。もちろん他の楽器もだけど、ベースはその違いがとてもわかり易かった。うん、これは怪我の功名と言うに違いない。

同時に、シネロマのCDをメリケンで売るために01と02をまとめてひとつのアルバムにする作業をしてるんだけど、やっぱり以前に録ったものって録り直したくなるね…。で、マスタリングだけするつもりでいたのが、ついついリミックスまでやってしまったわよ。

そんなこんなで、も少しでオタクパラダイス期間が終了しそうな予感。
マニャンの録音が残ってるけど、他のが落ち着けばさくっといくはず。いかすぞ。
マニャンの先日のライブ(6月30日)は、口琴奏者の幕内さんとジョイント。セッションもしますた。
こんな感じ(↓)
http://www.miura1.net/blog/blog060716.MP3

写真は幕内さんの相方さんが撮ってくれた演奏中のイケさん。かっこよく撮れてたのでつい載せちゃったよ、断りナシで。顔映ってないからいっかなんて思ったんだけど、イケさん、NGだったら言ってください。

幕内さんは、口琴だけで飽きさせず40分のステージができる口琴野郎。素晴らしかったです。
僕らはと言えば、いつも映像をお願いしているちっきーさんの予定が合わなかったため、試しにノートPCでスライドショーを映しながらやってみたのだけど、セッティングが思いのほかすんなりできたのが運のつき。構想に合わせて写真のジャンルを切り替えよう…なんてことになってステージ上でのPC操作にチャレンジしたもんだから、僕は大忙しだった。それに、ステージ上でPCを操作するのってなんだかきまずいと言うことに気づいた。せっかく生演奏でやっているのに、PCからも音を出しているように見える気がするし。
とは言え、全体としては決して悪くはなかった。お客さんにも楽しんでもらえたようで一安心。

この日は「希望者がいればライブ後にプロジェクターでドイツ-アルゼンチン戦の中継映します」なんてブログに書いておきながら、うっかりライブ後にそのことを告知するのを忘れ。結局僕ら3人と、たまたまライブを見て気に入ってくれたご近所のギャル2人で観戦したのであった。悠久庵さん、遅くまで粘ってごめんなさい。次回8月25日もよろしくお願いします。
[PR]

by miura1go | 2006-07-16 11:49 | Trackback(1) | Comments(4)