<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2007年 05月 14日
ピラルクーのライブ
f0083332_16591958.jpg今週末Pirarucuのライブがあるんだけど、みんなに送った案内メールにフライヤーを添付し忘れてた~。ので、ここに貼っておきまつ。
---------
今回、久しぶりにバルバルのマスターをゲストにお迎えして2曲演奏するほか、さりげなく僕のバンブーサックスも披露させていただく予定です(1曲だけw)。
フライヤーを添付しましたので、ご覧になってぜひお越しいただければと思います。

●Pirarucu(ボサノバ、オリジナル)
DATE : 2007.5.19.Sat.
TIME : 19:15~&20:30~
CHRGE :ミュージックチャージはありませんが、飲食店ですので1ステージに付きお1人様2オーダーをお願いしております(ドリンク+料理またはドリンク2杯)。ご夕食はバルバルでどうぞ。
PLACE : 明大前 BAR・BAR
世田谷区松原2-39-12林屋ビル地下1F
電話 03-3322-3188

岡田豊(ギター&ボーカル)
相馬光(フルート&ボーカル)
ミウラ1号(パンデイロ・ビリンバウ・カホン・etc)

地図その他詳細は、サイトでもご覧になれます
http://www.miura1.net/pirarucu/

よろしくお願いいたします。
[PR]

by miura1go | 2007-05-14 17:01 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 10日
向上心すかー

4月末の暗闇カフェ、おとといのEnsemble TRIONESと楽しいライブがあったけど、録音した音をまだ編集してないので、後日書こうかなー。とか言っている内に時間経っちゃうんだけど…。

ちょっと前の新聞のコラムで「最近の子供たちの向上心調査の結果」というような話題が書かれていて、うろ覚えだけど日本は先進国の中で最も「経営者になりたい」とか「名を成したい」といったやる気系のポイントが低くて、「そこそこの生活ができれば良い」とかのやる気ナシ系のポイントが高かったとか。確か小学生を対象にしたものだったかな。
そのコラムを書いていたおぢさんは、「近頃の若者は…というお決まりのセリフは飲み込んでおこう」みたいな、ものわかりが良いのやら何やらわからない、どちらかというと否定的なニュアンスで文章を締めくくっていた。やれやれどうしたものか、といった感じで。

だけど、かつて「若者」だった大人は、「向上心」の赴くままにいろいろなことを過剰にしてしまったということをまず振り返り、その結果として出来上がったムードに影響を受けた、若者というか子供の「向上心」が減退したのでは、という方向でも考えてみる必要があるのでは。子供のクセに「足ることを知る」なんて、実はすごいんじゃないのかという気もする。まあ、本人は単に「やる気ネー」だけだったりするかもしれないけど。
どちらにしても、「向上心」という言葉は「グローバル化」と同じような胡散臭さを放っていると思う。

んで、関係ないけど、画像は25日にあるマニャンのライブ・スライドショーイベントのチラシでがす。
今回も素敵写真+エスニックエレクトロニカで、僕は新楽器も使う予定。
悠久庵でのイベントは最後になるので(お店がなくなっちゃうから!)、お見逃しなく。
詳細はこちら~。
http://www.miura1.net/manhan/
[PR]

by miura1go | 2007-05-10 12:59 | Trackback | Comments(4)
2007年 05月 01日
関西活動記
f0083332_29177.jpgうーん。1週間たった今、早くも(早すぎ)記憶が薄れつつあるような気がするけど、ライブ音源と一緒にかいつまんで書いてみよう…。
3月始め、去年の東京ツアーライブから参加している北欧~東欧音楽グループ「ナカトルマ」(http://www.saharableu.com/nakatorma.html)のリーダー鳥さんから、4月下旬に大阪での演奏依頼があるとメールをもらった。
せっかくなので、それに合わせてさらに2本ほどライブを入れようという話。
おう楽しそうだー、行きます行きます。大阪か~、買い物もしたいわ。いいおズボンなんかあればぜひ。
てな感じで4月19日のお昼前、名古屋行きのバスに飛び乗ったのでございます。飛び乗ってはないけど。

さて、今回個人的に始めての曲がかなり多く、しかも7拍子とか9拍子とか11拍子とかそれらの合わせ技一本とか、最近遠ざかってた方面の音楽で、もちろんキメなんかも要所にあるわけで、きっりちり予習しとかなければ大変なことになりそうな予感。
そこでMP3プレイヤーに入れておいた音源を、道中ずっとループして聞きながら行くことにした。
けど…バスがブルルンと走り始めると、その振動と耳元の音楽とがあいまって眠~くなってきて…睡眠学習…にもならなかった。

あれ。気が付いたら事細かに書いてるな。では、ここからステージの内容に的を絞って…。
大阪での最初のステージは、旅行代理店のツアー説明会での演奏。「ドイツ・ロマンチック街道、中央ヨーロッパ」「スイス」「北欧・ロシア」「イタリア・スペイン」とコースに合わせた音楽をやることになっている。
北欧以外は、普段のナカトルマと関係ない内容ばかり。だから、提出済みの曲目に合わせてあーでもないこれでどうだと前日にたっぷりリハをやった。僕は適当にもとい真剣にいろいろな楽器を合わせていて、もともと予定にはなかったけど、スイスの曲の中で口琴をびょ~んとやったら、「お、それ使おう」と鳥さん。

で、こんな感じになりました。
http://www.miura1.net/blog/blog070428_1.MP3
斜め笛の秀さんも、この曲では急遽使うことになった使い馴れていない縦笛を使いこなしてさすが。

説明は上記の4コースあるので、それに合わせてステージは全部で4回。間はけっこうたっぷり空いていたんだけど、音を合わせたり、主にだらけたりしているうちに買い物に行きそびれてしまった。音合わせといっても、ゲゲゲの鬼太郎とかだけど。
そういえば、各ステージの終わりに司会のおねーさんが「北ヨーロッパから東ヨーロッパ、そしてアジアまで、そちらの広い範囲の楽器を自由に操ります、ナカトルマの皆さんでした」と毎回紹介してくれるのが結構笑えたんだけど、この微妙な紹介、どうツッコミすればいいのか未だに思い付かない。さすが、本場のボケはレベルが高い…。

日中の仕事が終わると、その足で夜のライブ会場へ。早朝から起きて動いていたため、皆ちょっと疲れぎみ。
サウンドチェックが終わって、隣の店で腹ごしらえをしたらどーんと眠くなり朦朧としてきた。で、お茶を注ごうとしたら、傾けたポットを戻すタイミングを誤り、コップから冷たいお茶を溢れさせてしまった。向かいを見れば、ボーカルのアヤコさんが「箸が重い」といって食べ残している。やっぱり本場のボケはレベルが違うのかとか思ったが、どうも本気みたいだった。皆すごく疲れてるなこりゃ。
そんなこんなで皆いい具合に肩の力が抜けて、時々曲の構成も頭から抜けたりしながらライブ。
こんな感じ。
http://www.miura1.net/blog/blog070428_2.MP3
うん、結果オーライだったんじゃないでしょか。

そして、翌日は岐阜のトルコ料理屋DiNARでのベリーダンスイベント。個人的には、初めてでしかも難易度の高い曲が目白押しのこの日のライブが一番大変そうだなあと思っていた。
で、ほとんどぶっつけまたは完全にぶっつけの曲を「うわーんごめんなさい」と心の中で謝りながら演奏。直前の打合せで、曲名と拍子の数え方をメモしておいたものの…秀さんは本番では曲名を言ってくれなかった。「次は○○地方の曲です。」ふむ。して、その曲名は?と聞く間もなく、チェロとサズ、曲によってはドンブラがリフを刻み始める。きゃー。
それでもなんとかごまかしつつ完走。
やや荒っぽい演奏になったものの、満場のお店は良い盛り上がり。何より、主役はベリーダンスですもの。いいやね~ベリーダンス。前に見たベリーダンスのビデオで、ダラブッカのおっさん(メチャうま)がものすごく助平な笑みを浮かべながらダンサーとデュエットしているのを見て、こりゃーかっこいいなあと思ったが、今回はもちろんそんな余裕はなかった(笑)。

最後に、その時の音源を載せとこう。やった中ではわかり易い4拍子の曲、マケドニアの「マリオヴスカ・ドレセニーツァ」
http://www.miura1.net/blog/blog070428_3.MP3
おーかっこいい曲だなと思ったら、以外にも「お掃除の日」のお祭りの曲らしい。面白いなあ。

結局長々と書いてしまった…。で、ライブ後に夜行バスで東京に戻って、ちょっと寝て、アムリタ食堂でのライブに向かいましたとさ。
あ、写真は名古屋駅で撮ったポスター。迷惑そうな顔の犬がいいなと思って。
[PR]

by miura1go | 2007-05-01 02:10 | Trackback | Comments(2)