<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2008年 02月 25日
創作物のこと
いろいろなぼんやりしている時、とりとめもないことやしょうもないことを考えるんだけど、こないだ風呂に入っている時にふと思い浮かんだ。

創作物というのはいったいなんの役に立つのか。
創作行為の結果できたもの、アートとか作品とか呼ばれたりするもの全般というざっくりした話なんだけど、金銭的価値を生む場合もあるし、生まない場合もある。
心が豊かになるという言い方はちょっとありがちかもしれなけど、それはそれで否定しない。ただ、こないだ思い浮かんだのはちょっとちがうものだった。

触媒かな、と思った。
「触媒」という言葉が先に浮かんできたわけではなくて、何かと何かの間にあってきっかけを作るもの、というようなイメージで(というより、最近話題の脳科学的に言うクリオネ、いやクオリアに近いのかも)、近い言葉を探したら触媒というのが浮かんだ。

なんの触媒なのか。
それは、人と人がお互いにわかり合っている気持ちなる、そのきっかけを作るもの…なんじゃないか、というところまでがひとつのイメージとしてぽろっと浮かんだ。

人間は感覚を共有することができない。
たとえ肉親でも、まったく同じには見えず、同じには聞こえないらしい。
たとえば、色などは個人によってかなり違って見えていて、自分が青と呼んでいる色は、あの人が青と呼んでいるのとは違う色だという。

まして五つの感覚(ひょっとしたらそれ以上)の組み合わせから感じるイメージ(えーとクリオネ)は、きっとかけ離れているに違いない。

それでも、自分が好きな絵や、お気に入りの曲を「これいいよね」と誰かに言われれば嬉しいし、自分と同じ意味で好きなんだと思える。
同じものを食べて「うまい」と言い合うのは、それが冷たいサラダでもなんだかあたたかい。
どこがどうおいしいのかを説明することが空しいのは、語彙が足りないからじゃなくて、ひょっとしたら、相手とは違うところをおいしいと感じていることがわかってしまうからかも…。

好きな人が好きなものを、自分もだんだん好きになることって誰しも覚えがあるのではと思うんだけど、これはその裏返しと言うか、ある意味無意識の本能的な計算(打算?)だったりするんだろうか。

ただ、最後にこう思った。
地球のどこかで、誰かと誰かが、誰かと仲間が、自分の作ったものを一緒に楽しんでくれていたりしたら、なるほどちょっと嬉しいかもしれない。
[PR]

by miura1go | 2008-02-25 16:39 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 21日
ホスピタル終了、来週は大阪
f0083332_1704425.jpgシネロマ@雙立(そうりつ)病院での演奏が無事終了して、気づけばもう3日経った。

かなりご年配で、しかも入院している患者さんたちの、僕らのような音楽に対する反応はどうなのだろう…と正直予想できないでいたけど、とても盛況で良かった。

病院特有の空気──不安感というか、自分も患者のような気分になる雰囲気というか──は、演奏が始まってすぐに薄れて行き、最後にはすっきりしたように感じた。
聞いてくれていた人たちも、そんな爽快感を感じていたら嬉しいな、と思う。

きれいな花束をひとりひとりに用意してくれていて、めでたい雰囲気で終了。楽しかった。

さてさて、来週はマニャン&青山雅明@大阪 nu things の3回目今回はどんな展開になるだろう。楽しみだな~。

●2/29(金)19:30~23:00
Manhan&青山雅明@大阪「jaz' room nu things
"World Wide Connection"
2000yen (with 1 drink)
出演者:KawoleSarry/Manhan&青山雅明
DJ:スミダ(from.psybava)+ナカガワ(from.psybava)
[PR]

by miura1go | 2008-02-21 17:40 | Trackback | Comments(2)
2008年 02月 17日
ホスピタルこんさあと
明日の雙立病院でのホスピタルライブ、一般入場不可かと思っていたら、実はそうではなかったみたい。
月曜の昼間っからOKな人は少ないかもしれないけど(2PM~)、お時間あったらどうぞ~。

▼シネロマのライブスケジュールはこちら
http://miura1go.blog52.fc2.com/blog-category-2.html
[PR]

by miura1go | 2008-02-17 22:34 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 06日
「砂塵の鳥」が track of the day に
ソロアルバムの1曲目「砂塵の鳥」が、GarageBand.com のワールドフュージョンのチャートで track of the day としてピックアップされました~。

といってもまだスコアを付けてもらってないから、ランクは上がってないんだけどw。
でも目立つところに載って嬉しいわー。

▼World Fusion track of the day へのリンク


24時間は載っているらしいので、みんな投票してください!
でもGarageBand.com に登録しないといけないから、ちょっとだけハードルかな?(英語嫌いな人とか)

まあ、ひやかしに覗いて見るだけでもどうぞ。明日の夕方には入れ替わっちゃってると思うので。
[PR]

by miura1go | 2008-02-06 18:27 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 06日
あうち…そういえば、ペルセポリスえがった
月曜にアムリタ食堂に来てくれた皆さんありがとうございました!
今年最初のシネロマのライブでした。

いつもの通りアムリタでのライブは、おいしく、楽しかった。
…が、演奏そのものは雑だったかも知れない。ちょっと反省。結構反省。
次回にどう活かすか。

帰ってきてからライブ録音を確認していたりで寝たのが遅い時間になり、朝眠かったが、ぼんやりしながらメールをチェックしたら、ヘルシンキの人が異響の旅人を買ってくれたという連絡が来ていて、お、と目が覚めた。
この調子でもっとプロモーションせねばとしばし調べ物。

そういえば、先週は映画「ペルセポリス」も見たんだけど、とても良かった。
品があって、ユーモアがあって、だからこそ戦争のばかばかしさも伝わってくる。
といっても反戦映画というわけではなく、監督の自伝的な内容を中心としてるんだけど、それがいいんだなあ。

戦争というのはある意味究極の変態行為じゃないかと思う。それで、アメリカを筆頭に変態先進国が裏でグッズを売ったりアレやコレを教えたりちょっかい出してる。
日本も、「変態行為そのものは遺憾でありながらにして、友人としては…」とか言いながらオイルを届けたりしてるわけね。給油活動。
オヤジギャグだな。
でもただの例えでなく、実際儲かったり気持ち良かったりする人がいるわけでしょ。そしてその人たちは安全なところでにやにや見てるんだろうなあ。
[PR]

by miura1go | 2008-02-06 07:16 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 02日
ブログを移動すっぺかぼちぼちと…
CD紹介でページ内に試聴ボタン(プレイヤー)が無いのは不親切だよなと思い立ち、記事に埋め込もうと思ったんだけど、エキサイトブログは制限が厳しくて記事内はもちろんブログパーツですらままならないということに気づき、FC2に新たにブログを立ち上げてみた。

http://miura1go.blog52.fc2.com/

今はCD紹介のみだけど、なかなか使い易そうだから本体もそのうち移動するかも。
[PR]

by miura1go | 2008-02-02 12:04 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 01日
「迷子の警察音楽隊」すばらすい

先週、イスラエルの映画「迷子の警察音楽隊」を見たんだけど、良かった!
見終わって「いい映画だったなあ」と思える、映画らしい映画だった。

年代設定とか、現在の現実との切ないギャップとかいろいろぬかり無い作り込みも細部にあるみたいだけど、何の予備知識が無くても(僕は無かった)とにかく楽しめる。

まだの人はぜひどうぞ。
[PR]

by miura1go | 2008-02-01 08:19 | Trackback | Comments(0)