2014年 05月 08日
アクト・オブ・キリング
見た。
戦争やジェノサイドの映画を見たり記事を読んだりするたびに、その暴力性と幼稚さに、男なんていなくなればいいのに、と思ってしまう。
でも男と女、セットで人類なんだよな。
f0083332_19244203.jpg

[PR]

# by miura1go | 2014-05-08 19:29 | 社会 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 01日
コンタクトインプロフェスティバル〜録音
C.I.N.N.のコンタクトインプロフェスティバル2014、中の人のみぞ知る機材関係のあれこれ等あったものの、窓からの緑が美しい部屋でののびのびパフォーマンスできました。
みんな生き生きしてたし、ソフィの連続バク転もすごかった〜。
ご来場の皆様、そして関係者の皆様、いつもながらありがとうございました!
f0083332_16561352.jpg

f0083332_16574633.jpg

そして今朝早く〜午後にかけては、マニャンのレコーディング第一回。
雨や鳥やカエル、飛行機、鶏、犬、虻…たちと共に。
黒澤さん本当にありがとうございました!おうちが素敵すぎです。
f0083332_172445.jpg

[PR]

# by miura1go | 2014-05-01 18:32 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 11日
適当に並べる
気がついたらひと月近くブログを更新してないだな。うっかりしてるとほんとあっちゅう間…。
写真を適当に並べてみる。
f0083332_16253339.jpg
驢馬駱駝からの満月。
f0083332_16253508.jpg
その日のライブでは久しぶりに青山さんとご一緒して青山ニャン。いい感じだった〜。
f0083332_16253484.jpg
ステージの内容だけでなく、その場の出来事に合わせて臨機応変に変化する(トイレに立つ人がいたから立ちションする人を入れるとか!)ヤスミチさんのライブペインティングは、流石の一言。
f0083332_16253392.jpg
久しぶりのアイリッシュも楽しい。
f0083332_16253558.jpg
いつものルーパーズ。春だから鶯?屏風にしたい感じのペインティング。
f0083332_16253450.jpg
桜の下での音楽と飲み食いは気持ちいいに決まってる…。
f0083332_16253388.jpg
富山のチンドンコンクールはなんと60回を数える老舗イベント。
ちんどんはもちろん、ふと入ったお店での出会いもあり面白かったー。
f0083332_16291808.jpg
今夜はアバンギルド。久しぶりに作った曲がステージで活かせたら嬉しい。

[PR]

# by miura1go | 2014-04-11 16:50 | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 17日
リバーサイドホテルじゃなくてカフェ
飯能のヤナギコーヒーさん、素敵なカフェでした!
ヤナギさん、そして遠路お越しくださった皆様、ありがとうございました〜。
そういやビーグルのネルも遊びたがって可愛いいやつだったぁ。けど写真撮ってない。
f0083332_14420372.jpg
f0083332_14422321.jpg
ライブ中の写真はまだ手元にないので後日かな。
そして今夜は驢馬駱駝での満月ライブでございますよってぜひぜひ。

[PR]

# by miura1go | 2014-03-17 14:49 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 12日
あれから3年
きのうで震災と原発事故から3年が経った。
各地で追悼や鎮魂の催しがあったと思う。
亡くなった人たちのご冥福をお祈りする気持ちは当然あるにしても、追悼という言葉が含む、過去を振り返る感覚からはまだ遠い気がする。
まだ何も終わっていない。
というより、あの日何かが切り替わって、現在につながっていると思う。
僕らは、自分達の幼稚さを思い知らされた。幼稚な国民から立派な政治家が出るはずもない。
幼稚さというのは厄介だ。歳に関係なく正視しなければ先に進むことができないのに、歳をとるほど認めるのが難しくなる。
でも僕たちは協力し合って、速やかに成長しないといけない。
権力を持ったとっちゃん坊や、じいちゃん坊やが、僕らの命をおもちゃみたいに壊す前に。

写真は、足利広さんの映像作品の前で。福島で撮った空だそうです。
f0083332_14050656.jpg

[PR]

# by miura1go | 2014-03-12 16:55 | 社会 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 11日
いと美し
東京に来てます。国立新美術館でのコンサート、楽しかったわぁ。
立ち見も出る盛況で、足を止めて盛り上げていただいた方々、ありがとうございました。
ヒロユキさんはじめ皆様大変お世話になりました!

東京へ向かう前日はルーパーズVol.14だった。2年目のルーパーズは、ナイトマーケットなど新たな企画もあり。
(あーそうだ、アイディアの件メールできてへん…キースごめん、2,3日中に送るわ…。)
ちえちゃんに描いてもらっていたミンミンの装飾が一旦完成。美し。嬉し。
f0083332_16302189.jpg
f0083332_16421591.jpg
そうそう、その二日前のトカムジカのジェルメでのライブもご盛況感謝でした!
f0083332_16435780.jpg
昼間の移動はバスからの眺めが結構楽しい。
f0083332_16445629.jpg
イメージの力展でのコンサート。
全員で演奏している写真がまだ手元に無く、ひとまずfacebookのタイムラインを流れてきたものをお借りました(が、どなたの写真だったかわからなくなってしまったので後日差し替えるやも)。
f0083332_16461615.jpg
次は飯能でのマニャンライブ@ヤナギコーヒー、その翌日は驢馬駱駝での満月ライブです。
それまでの間にちょっとレコーディングにも手を付けたい。

[PR]

# by miura1go | 2014-03-11 16:52 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 19日
ルーパーズ、バレンタイン、アイリッシュ
ルーパーズ一周年にお越しくださった皆様、ありがとうございました(もう先週の話ですが)!
お陰さまで盛況で、楽しうございました〜。
f0083332_11185995.jpg
f0083332_11372918.jpg
この日のライブペイントはアバンギルドの壁に直書き。シビレますた。
f0083332_11185973.jpg
一周年祝い&バレンタインということでスイーツもいただき、有難き幸せ…。
f0083332_11185975.jpg
f0083332_11185919.jpg
そして、ミンミンの模様がさらにグレードアップ。ゴールド追加。嬉しい。
f0083332_11253762.jpg
その週末は、ZEST御池でのセントパトリックデイプレイベントがあった。外はちょっと雨降ってたけど、アットホームな空気で良かった〜。
f0083332_11193293.jpg
この日はトラッドをやる気鋭の皆様が大勢ということで、我らがHOSはアイリッシュ風味やや少なめでございました。いとをかし。

[PR]

# by miura1go | 2014-02-19 11:51 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 06日
感謝、方々に感謝
昨日お世話になった皆さま、ありがとうございました!
気づけば写真を一枚も撮っておらず、ブログに貼るものがない状態。しかしご覧くださった皆さまに楽しんでいただけたようで、とても嬉しいです。
共演の皆様、運転や荷物などフォローしてくださった九郎さんにも、いつもながら大変お世話になり感謝しております。

企画と関係無いが、以前福谷さんの家でアイディアを教えていただいた「お家de手巻き生春巻き」の写真をなんとなく貼ってみる。
材料を並べるのがやや面倒といえば面倒だけど、簡単かつチョーウマいのでおすすめ。
この時のソースはナンプラー、塩、砂糖、蜂蜜、生姜、唐辛子、酢、だったかな。
f0083332_16243599.jpg
さあ、来週火曜(祝)はルーパーズの一周年記念。
詳細はこちら。どうぞお楽しみに、ご予約はお早めに!
f0083332_16232631.jpg

[PR]

# by miura1go | 2014-02-06 16:46 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 28日
都知事選
宇都宮さんは面白いが、舛添に勝つには細川さんだという父に送ったメール(一部編集済み)。伝わればいいなぁ。
公職選挙法がうるさいらしいので、ブログに載せるに当たり名前を「殿」「校長」「ライオン」「ねずみ男」に変えてみた。

「殿」に投票することは、何とかしようとしてきてできなかったこれまでと同じ轍を踏むことだと思う。
「ライオン」がバックについていても「殿」では足りない。得票数だけでなく人物として。

「殿」に票が集まれば勝てるかもしれないと思わされて、その実勝てない。しかも僅差でもなく「ねずみ男」の圧勝。
そしてやっぱりそうなったかと文句たれて、そのうち忘れる。社会がどんどん窮屈になっていっても、これまで通り文句を言いつつなすがまま。
「殿」に投票するってそういうことでは?

今回僕が動画を知らせなかったら、父上は「校長」のことを面白いと思う機会があっただろうか。
本当にいいと思う人になんとか当選して欲しいと思って、出来る限り皆に知らせて、無謀を乗り越える工夫を凝らして応援する。もちろん当選してもらうつもりで。
そうすると、「校長」だけでなく周りにも色々と面白い人がいることを知る機会が得られる。TVや新聞ではわからない情報も入って来やすくなる。

そうなったら、もし残念な結果になったとしても、引き続き社会に残っている可能性に注目し、それを潰さないように応援したくなったりして、文句たれて何もしないのとは全く違う姿勢になる。
そんな人が増えてきて、ある割合を超えた時に初めて社会が変わるんじゃないですか?

そして、その気構えで挑まなければ、ねずみ男の勝利は止められないと思う。

[PR]

# by miura1go | 2014-01-28 14:56 | 社会 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 14日
ハンナ・アーレントの続き
悪者を見つけてやっつければ解決するのではなく、社会の仕組みが、その一部であるはずの僕らを脅かすという危うさ。
皆が成長しなければいけないから道はかなり遠そうだけど、まず現状を認めることが最初の一歩か…。


[PR]

# by miura1go | 2014-01-14 15:51 | Trackback | Comments(0)