2009年 09月 04日
自称プロサーファー
ちょっと前までノリピーのラリピー事件のニュースで良く目にした、「自称プロサーファー」という肩書きがツボに入った人は結構いるんじゃなかろうか。

面白くて、作為を感じてしまう。
ポイントは「自称プロ」または「自称」という言葉にあると思っていたんだけど、実は「プロ」という言葉こそが一番オイシイのだということに最近気づいた。

このニュースが流れるちょっと前、「プロギター奏者」という肩書きをたまたま目にして面白いなあと思っていたんだけど、これは「自称」がついてなくても面白い。

メンバーに、「対抗してエロギター奏者なんてのはどうですか」なんて話して笑っていたんだけど(酔うと官能小説を書き出すという特技があるので)、左様にいじりがいのある言葉「プロ」。

ちょっと理由を考えてみたんだけど、この言葉、普段あんまり使わないというか、ギャグでしか使わないような気がする。プロの酔っ払いとか。
サーファー・ミュージシャンにかぎらず、どんな業種でもわざわざ言う必要ないもんねぇ。

もちろん、サーフィンとか音楽というのは色眼鏡を通して見られがちというのはある。でも、そういう人には「プロ」も色眼鏡越しに見えるわけだからよけいややこしいし、ギャグになるなら面白くてめっけもんくらいのものかも。

まだまだありそうだなあ、おもしろいプロ。
[PR]

by miura1go | 2009-09-04 12:44


<< シンクロナイズド睡眠グ      ボクタチJ-POP >>