2011年 08月 27日
食品安全委員会のパブコメ
食品安全委員会が募集している、パブリックコメントを送ってみた。無駄かもしれないけど、まずはトライ。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/48b9fc1b9a3a868dd015273335d2f88c
参考(になるかな…?)までに、送った内容を貼っておきます。締切は今日の17時だけど、間に合いそうな方はぜひトライしてみてください。
上記リンク先、木下黄太さんのブログのコメント欄にも、いろいろな人がどんなコメントを送ったかを寄せているので、参考になると思います。
----------
審議結果(案)に「放射線による影響が見いだされているのは、通常の一般生活において受ける放射線量を除いた生涯における累積の実効線量として、おおよそ100 mSv以上と判断した。」とありますが、これは外部被曝の基準であり、内部被曝が中心となる食品の評価に際して、これを基準とする考え方に問題があります。内部被曝についてきちんと評価するために、ECRR(欧州放射線リスク委員会)の文献も参考にし、評価のし直しをお願いします。

また、こうした評価・審議をしている間にも、食品は毎日流通しています。
評価できていない有害物質が、連日国民の口に入る現状を改善するため、至急下記の対策をお願いします。

・食品中の放射性物質の量について、食品添加物と同様に表示を義務づける。
・全ての食品・作物の放射性物質の量について、現在の基準値を下回るものであっても、公表する。
・産地表示の厳格化。海産物などは、水揚げした場所ではなく、採れた場所を表示することを義務づける。

これらのことは、すぐに行わなければ、5年後・10年後に子どもや若者が次々に病気になり、最終的に老人ばかり生き残る国になってから後悔しても遅いのです。
[PR]

by miura1go | 2011-08-27 14:51 | 社会


<< ライブのお知らせ      東京はのどが痛い >>