2011年 12月 29日
経産省前テント村、カイロはあまり気味
f0083332_22421880.jpg経産省前テント村に行ってきた。経産省正面での若者のハンストの応援に行って以来で、夏真っ盛りだったなぁ。日差しがきつかった。
今は逆に、冷え込みに気を付けないといけない。
差し入れは何がいいかな、みかんかな、カイロかな、と迷って、結局カイロを一箱持って行ったら、一番余ってる物資だった…。みんな考えることは同じなのね。これから差し入れをする人は、カイロ以外の方がが良さそうですよ~。


f0083332_22443994.jpg行ったのが午後~夕方の特にイベントのない時で、しかももう年末なので、辺りは閑散としていた。
テント村も、外に2~3人、中に4~5人のほぼ常駐メンバーの方々といった様子で、来客は僕も含めてたまに、といった感じ。
少しの間中で過ごさせてもらったんだけど、軽くおしゃべりしたり、他の人の会話をそれとなく聞いていると、非常に穏やかな時間が流れていて、なんだか居心地がいい。
この感じ覚えがあるような…と思ったら、サークル(ちなみに探検部)の部室の雰囲気にそっくりだった。
気軽に立ち寄って、くつろいでいっていい場所。そんな感じ。みんなと話すもよし、ただぼんやりするのもよし。


f0083332_22444749.jpgいろんな人が気軽に立ち寄ったらいいな、と思う。僕もまた来よう。
帰る頃は月が出てたけど、まだ割と明るかった。


f0083332_22445525.jpg霞が関の空間線量は、相変わらず高めではある。
[PR]

by miura1go | 2011-12-29 23:41 | 社会


<< 2012年。これからの社会と、...      10日のライブはユーストなしです >>