2006年 05月 22日
ボケ防止
ここのところレコーディングが多いので、この機会に演奏時の癖の再構築をしている。
一度癖になったものをイメージどおりになるよう上書きするのは結構骨が折れて、なんと言うか良いボケ防止になりそうだ…。
で、割といい感じになってきてるかなと思っていたんだけどバンド演奏はやっぱり別物で、先日のManhanのライブの時にまだまだ体に染み込んでいないというのを実感させれられてしまった。
転換期というか、体の動きがまとまりきらず、やや脂汗をかきながら乗り切ったという感じ。
今回はお客さんのミュージシャン率も高かったし、けっこうバレバレなところもあったかも…。
でも全体としてはマッタリとした時間を楽しんでもらえたのではないかと思っている。この日は、マニャン先生が対バンとの住み分けというかその日のトータルバランスを考慮して全体として無拍子系のゆったりした流れを組んだのだけど、これは正解だったと思う。

ライブ録音から一部抜粋

しかしこういう時期には新しいチャンスも見つかるものらしく、海外のリスナーにも目に留めてもらえる方法を見つけた。シネロマにせよマニャンにせよ日本国内だけを見ていることはあまり得策でないと思えるタイプの音楽なので(どうも層の厚さがまるで違うらしい)、どう梶を取れば良いのかずっと模索していた。
チャレンジしたからといってすぐにどうなるものでもないけど、漕ぎ出す先が見つかったようでとても嬉しい。

きのうは午前中、以前からシネロマを応援してくれている人が主催する刺繍の作品展示会にお邪魔してきた。
その人はノルウェーの刺繍を教えていて、ドイツで学んだ伝統的な技術をしっかり持ちながらチャレンジ精神も旺盛で、生徒にもどんどん新しいことにチャレンジさせるというナイスな人だ。
そういう人が応援してくれるということはありがたいし、嬉しい。

そういえば、最近かかわっているイベント情報告知/コミュニティサイトが先日プレオープンした。
ARTENA
mixiはやってるけど自分の活動スケジュールを告知するサイトも作りたい、でも時間も知識もないなんて人にはぴったりかも。
まだまだ情報を集めている段階だけど、盛り上がってくれば面白いことになるんじゃないかなあ。
[PR]

by miura1go | 2006-05-22 08:50


<< マスター、味を占める。(今日ラ...      スキンヘッドと偽インド人頑張る >>