2006年 10月 24日
ナキウサギはなんと鳴くか
f0083332_18471794.jpg先日ナキウサギはどう鳴くかという話題になって、検索してみたらこんなサイトに行き当たった。
各国語の動物の鳴き声
(英語。Slipnirを使っている人は表示がおかしくなるかもしれないです)
http://www.flat33.com/bzzzpeek/html/bzzzpeek.html
古いサイトのようなので知っている人も多いかもしれないけど、面白い。こうして聞いてみると、日本はリアルさを追求するよりはやはりデフォルメ系な感じ。反対に、結構リアル指向だなと思ったのがモナコ。
でも最初はモナコの国旗が分からなくてこれも調べてみたら、インドネシアと同じなのね。へえー…国旗ってカブってもいいんだ…などなど。
おう!忙しい時に限ってどうしてこういうの見ちゃうんですかねえ。
で、ナキウサギはどう鳴くか結局わからず終いの巻。ピキ、とかピュルル、とか鳴くらしいんだけど、音源を載せているサイトは見つけられなかった。

さて。ナカトルマの東京ツアーに参加してから早10日経つけれども、楽しいライブだった。
お菓子もおいしかった(笑)。ナカトルマの首謀いや主要立ち上げメンバーのお2人は松坂在住なんだけども、松坂というのはお菓子の激戦区らしい。リハやらライブ当日にいただいたお土産が、…おぅ、とても美味だった。松坂は牛だけにあらず…。

ライブの様子を、ちょっとだけご紹介。
http://www.miura1.net/blog/blog061019.MP3
歌の入っていないさわりの部分だけにしたので、面白そうだと思った方はぜひ公式サイトもチェキラッチョ。今後、今回のライブ映像をYouTubeに載せるかもという噂もあるですので。
今回、西荻の会場でも横浜の会場でも、Molca(僕がシネロマの前にやっていた、解散しちゃった多民族風味楽団)の時に知り合った方々とかなり久しぶりに再会した。でもって、お客さんとして来てくれていた楽器奏者の方々とナカトルマメンバーのセッションがライブ終了後に始まって、やっぱりモルカの頃を思い出した。僕は毎度のことながら片付けに忙しくて(笑)セッションには参加しなかったけど、そう言えばこういう世界もあったわね~。

さておき、明日は自分のメインユニットCine Romantistaのランチタイムコンサートがある。
リハの時、ベースのセリさんに「最近シネロマ以外の活動を精力的にやってるよね(笑)」と言われてしまったけど、いやいやいやいや何をおっしゃいます誰が何と言ってもシネロマが私の本命グループなのであります!
とはいえ、もちっとテンポ良くライブなど入れたいなあとは思っていて、目下活躍の場を探しているのも確か。ハゲめよ自分。
明日はさいたま新都心駅に隣接したLAタワーの玄関ホールが会場。お近くならぜひ。遠くてもぜひ。新宿からも30分よん。
詳細はこちら→ http://www.miura1.net/cr/

あと、クリエイター交流イベント「マニャングル」の案内は前回書いたから割愛するとして、その翌日から2日間(28土曜と29日曜)開催される、出演者なんと総勢80名以上のセッションイベント「ARTEVEKTOR」の2日目にも出演するです。
民族楽器からテルミンまでいろいろな楽器や声のミュージシャンはもちろん、ダンサーやパフォーマーも渾然一体となったイベントで、昼から夜まで楽しめるフェスティバルな模様。
前売り券ご希望の方は、r-works@inter7.jpまでご連絡ください。
1日券2700円、2日通し券5000円と少し高めに見えるけど、1ドリンク付きなのでライブハウス等と比べて実はそれほど高くなかったりします。1日楽しめるし、芸術の秋のいちイベントとしてぜひ。

●ARTEVEKTOR アルテベクトル 第1回イベント
2006年10月28日(土)13:00~20:40、29日(日)12:00~19:40
@表参道「ラパン・エ・アロ」
東京都渋谷区神宮前5-44-2 LAPIN ET HAROT(地下ホール)
Tel.03-5468-9357 Fax.03-5468-9357
詳細はこちら(↓)
http://art.nobody.jp/
[PR]

by miura1go | 2006-10-24 18:47


<< みらい…      明日あさってのお知らせなど >>